news 仮想通貨

コインチェックの補償発表が闇深い!?

更新日:

コインチェックがネム保有者に約460億円の補償を行うことを発表。

 

コインチェックが公式のサイトで、コインチェックでネムを保有していた方々に補償を行うことを発表しました。

この記事は面白半分で読んでください。笑

コインチェックの現状

 

・全仮想通貨の売買停止
・全通貨の出金停止
ネム保有者に総額約460億円の補償を行うことを発表(時期は未定)
金融庁からの行政処分が行われると一部報道。
・<訂正>金融庁からの業務改善命令でした。

その詳しい内容とは?

 

補償内容
総額 : 5億2300万XEM
保有者数 : 約26万人

補償方法 : NEMの保有者全員に、日本円でコインチェックウォレットに返金いたします。

算出方法 : NEMの取扱高が国内外含め最も多いテックビューロ株式会社の運営する仮想通貨取引所ZaifのXEM/JPY (NEM/JPY)を参考にし、出来高の加重平均を使って価格を算出いたします。算出期間は、CoincheckにおけるNEMの売買停止時から本リリース時までの加重平均の価格で、JPYにて返金いたします。

算出期間  : 売買停止時(2018/01/26 12:09 日本時間)〜本リリース配信時(2018/01/27 23:00 日本時間)

補償金額  : 88.549円×保有数

補償時期等 : 補償時期や手続きの方法に関しましては、現在検討中です。なお、返金原資については自己資金より実施させていただきます。

補償の件ですが、自己資金からの支払いということで、さすがに驚きました。
確かにコインチェックが日本人の取引所の主流で、手数料も高いため、利益がすごいことは理解していたつもりですが、それでもまだ社員数は約100人ですよ。それで総額460億円の補償ができるのは、生産性高すぎますね。

しかし、まだ支払われてはおらず、正直どうなるのかまだ不安なユーザーが多いはずです。

そうすると、現状の不安がっているユーザーを多数かかえた状態で出金の一時停止を解除すると、どうなるか想像してください。

過半数が、日本円に換えて出金するか、仮想通貨を他の取引所に送金し、コインチェックから逃げるはずです。

すると、取引所としての業務ができなくなり、利益を生み出すのが今までよりも難しくなるはずです。

そうすると、ネムの補償時期は、どんどん遅くなる気がしますね。

現状のまま、コインチェックが補償金の出どころや、時期などを発表しないと(コインチェックユーザーの不安を解消しないと)、出金開始になった途端、コインチェックからは残念ながらユーザーがいなくなり、復活が難しくなる気がします。

また補償金は、NEMの保有者全員に、日本円でコインチェックウォレットに返金いたします。

ここに2つポイントがあります。

日本円(1xem = 88.549円)での返金

ネムが盗まれた時期、ネムが底値になっていたため(1月28日現在,1xem = 約110円)、日本円で返した方が安く済む。

これだけでなく、コインチェックは円で支払うことで、今回の補償金を税金対策として使えるのです。
つまり、今回の補償金で損金算入します。
逆に、円で返されたネム保有者たちは、強制的に利益確定行動させられました。
つまり今回の補償対象者は雑所得を得たので、確定申告を行い、納税をしないといけません。

コインチェックの代わりに、補償対象者が差益分を納税する形になってしまいました。

これは、国税庁としては完璧な対応ですね。

あの記者会見の次の日にここまでの作戦。なんか裏に感じてしまいますが、私たちには、全くわかりません。

コインチェックウォレットに返金

コインチェックウォレットに返金されても、出金できなければ、始まりません。

仮に出金開始より補償が先に行われたとしたら、取り出せないお金がコインチェックの口座に反映されるので、増やそうとし、コインチェックで取引を開始します。
すると、コインチェックは取引手数料を得ることができ、利益が出ますね。

可能性としては、こういった利益の生みだし方もできます。

影響

 


画像:ネムの1週間のチャート(円建て)
(1/26にハッキング疑惑)(1/27の夜、補償公表)

やはりすぐに、高騰しましたね。
補償の発表してからすぐに、ハッキングされるまでの金額に戻っていることがわかるはずです。

この高騰は、容易に想像できるため、仮にコインチェックが発表前に仕込んでいたらどうなっていたでしょうか?
あくまで可能性の話ですが、、

最後に

仮想通貨市場としては、年明けから、マイナス材料が出尽くしたので、コインチェックの事件が一通り解決したら相場は回復するとおもいます。

-news, 仮想通貨

Copyright© 仮想通貨のおすすめは?仮想通貨の今後を予想するブログ , 2020 All Rights Reserved.