news 仮想通貨

Facebookが仮想通貨関連の広告を配信することを禁止しました。

更新日:

Facebookが仮想通貨関連の広告を配信することを禁止しました。

 

Facebookが全世界で仮想通貨、バイナリーオプション、ICO関連の広告を配信することを禁止しました。
*インスタグラムでも

理由については、
『このような製品、サービスは誤解を招く、もしくは虚偽を含む行為と関連していることが多い。』
と公表しています。

また、Facebookでは引き続き『暗号通貨、バイナリーオプション、ICOに関連した詐欺的な怪しい広告を選り分けるアルゴリズムを開発していく』という風にも発表しています。

このニュースをあなたは、どう捉えますか?

ジョジョネスの意見

 

フェイスブックぐらい影響力のある企業が仮想通貨関連の広告を禁止すると公表したことは、一時的には、世間に仮想通貨市場にマイナスの影響を与えることは間違いないと考えています。

しかしフェイスブックが仮想通貨の本質を否定したわけではありません。
あくまで、この流れを利用した詐欺的な広告が多く存在し、それで被害を受けている人が多くいる現状を解決しようとしているのです。

つまり、フェイスブックがとった行動により、仮想通貨関連での詐欺被害者を一旦減らせます。
そして、詐欺的な広告を載せないアルゴリズムが完成すれば、徐々に仮想通貨関連での被害者は消えていき、仮想通貨の存在が怪しいものではなくなっていくのです。

仮想通貨市場にとって、避けられない道だったのです。

あとは、グーグルとかがどうするのか気になりますね。笑

-news, 仮想通貨

Copyright© 仮想通貨のおすすめは?仮想通貨の今後を予想するブログ , 2020 All Rights Reserved.