news 仮想通貨

仮想通貨の格付けがリニューアル!?

更新日:

仮想通貨の格付けがリニューアル!?

2018年2月23日に格付け会社であるweiss rating社が仮想通貨の格付けランキングを見直し、発表しました。

ランキング

以下に証拠の写真を記載しています。

BTC : C+ -> C+
BCH : C+ -> D+
ADA : B+ -> B+
DASH : C+ -> C+
ETH : B -> B+
ETC : C -> C+
LSK : C -> B
LTC : C+ -> C+
NEM : C+ -> C+
NEO : B- -> A-
XRP : C -> B+
ZEC : C -> C

このように変化しています。

個人的に推している
LISK,XRPの評価があがったのは嬉しく思います。

またビットコインキャッシュの評価が大きく下がったのが気になります。

影響

一番最初の格付ランキングでは、かなり大きな影響を受けましたが、

あまり的を得ていない評価付けだったので

今回の再評価では市場に影響は全然出ませんでした。

今後も再評価をしていくとは思いますが、影響はあまりないと思っていて良いかと思います。

しかし、今回の評価付けは個人的に的を得ているように感じているため

初心者の方は、参考にしてみれば良いかと思います。

仮想通貨の格付けランキングのおすすめ

2018年1月に仮想通貨の格付けランキングが発表されました。格付けをしたのは「Weiss Ratings」というアメリカの企業です。

国の機関が評価をしたわけではなく、民間の会社による評価ですので鵜呑みにしてもいけませんが参考にはなります。

仮想通貨に投資をしているのは技術的なことがわからない素人も含まれているので、この格付けを見て高い評価がついた仮想通貨を買おうという意欲が高まるという効果も期待できます。実際に、評価が高かったEOSやSteem、NEOはランクが上昇中です。

2018年5月に中国政府も格付けランキングを発表しました。「Weiss Ratings」の格付けが74種類だったのに対し、中国政府のほうは28種類です。

評価が高かったのはイーサリアム、Steem、NEOなどです。注目すべきなのはどちらの格付けでもランクが高いイーサリアム、Steem、NEOそしてCardano(ADA)でしょう。

この中でもおすすめなのは第三世代(ブロックチェーン3.0)と言われているCardano(ADA)です。

プロジェクトが最後まで進めばイーサリアムよりも高性能な仮想通貨になるようです。

中国政府による格付けは1回のみではなく、6月に第二回目の発表も行われました。

第二回ではEOSが1位、イーサリアムが2位となりました。

続いてNEO、ステラなどが続きます。LiskやSteemも高順位に位置しています。

意外なことですが、ビットコインは格付けランキングにおいて下位ではないものの、高い順位には位置していません。

ビットコインは「通貨」としての機能しか持たない第一世代なので技術的な評価は低いのでしょう。

格付けランキングはあくまで技術的な評価であり、将来使われるという保証ではありません。

ビットコインは評価がそれほど高くはないものの将来使われる可能性が高く、実際に日本で決済手段として普及しています。

海外などにも目を向けるとDASHも決済に使われており、即時決済が自動販売機でも使われているそうです。

DASHもビットコイン同様格付けランキングでは中間あたりに位置しています。

このように、あまりあてにならない側面もあるものの、高い評価を受けているイーサリアム・EOS・Steem・NEO・Cardano(ADA)は要チェックです。

あえてこの中から1つおすすめをするなら、第三世代のCardano(ADA)となります。

-news, 仮想通貨

Copyright© 仮想通貨のおすすめは?仮想通貨の今後を予想するブログ , 2020 All Rights Reserved.