アルトコイン 仮想通貨

ライトコインとは?特徴、課題、将来性、オススメの取引所など

更新日:

 

そもそも仮想通貨がどんなものなのかわからない方は、まずこちらを読んでください。

 

またライトコインは、ビットコインを派生したものなので、ビットコインの仕組みを知らない方は、こちらを読んでから読んでいただけるとより深く理解できると思います。

 

LTCの基本情報

ライトコイン(Litecoin)
通貨単位:LTC
発行上限枚数:8400 万枚
発行枚数(現時点): 半分以上は発行済
処理速度:60 件 / 1 秒
具体的な実用性:決済
取引所: ビットバンク.ビットフライヤー.DMM ビットコイン.GMOコイン.ビットトレード

特徴

ビットコインの技術を用い、少し変えて、ビットコインの弱点をなくした仮想通貨です。

🌟ビットコインより処理速度が4倍速い

🌟送金手数料がBTCに比べ安い。

🌟ブロックチェーンの安全性では、BTCに劣る

歴史

2011年10月に、googleの元社員チャーリー・リー氏が作りました。

BTCの弱点である、送金手数料の高さと処理速度の遅さを改善している

と人気を集め、今では、主要通貨になっています。

2017年12月にチャーリー・リー氏が利害関係の対立を回避するため、すべてのライトコインを手放したことが話題になりました。

仕組み

基本的には、BTCと仕組みが同じで、承認システムもPoWを使っている。

🌟ブロックの生成時間が2分30秒

BTCが10分間で1ブロックを生成する

のに対し、

ライトコインは2分30秒で1ブロックを生成する。

そのため

・ビットコインより処理速度が4倍速い
・安全性では、ビットコインに劣る
・発行上限枚数がBTCの4倍

課題

ビットコインがライトコインに比べ、知名度で圧倒的に勝っており、実用化もされている現状の中で

ライトコインはビットコインの弱点を改善しているだけで、

大きな違いはないので

どのようにして、ビットコインに勝つのかがカギになる。

また、ビットコインと同様に

承認システムがPoWを使っているため、
セキュリティは多数決によって決まる。

そのため、屈強なセキュリティには、が大勢いることが必要不可欠です。

マイニング報酬がなくなる2040年以降の、

マイニング参加者(多数)の確保方法

将来性

大きな問題もなく、ビットコインが上がれば連動して上がる通貨になっている。

ここから大きな伸びを見せるには、

ビットコインを抜くことが必要であるが、基本的には経営者の手腕に依存するように感じています。

またライバルとしては、

同じくビットコインの弱点を改善している

ビットコインキャッシュが挙げられ、それにも勝つ必要がある。

LTCを購入するのにオススメの取引所

基本的には、ライトコイン売買のスプレッドがないビットバンク.ビットトレード,をおすすめします。

セキュリティ重視の方は、最近世界格付け(セキュリティ分野)で一位になったビットフライヤーをおすすめします。

レバレッジをかけて、ショートでの取引をしたいという中級者には、DMM Bitcoinをおすすめします。

 

どこも口座開設していない方は、

最近人気で、

口座開設してから実際に取引できるまで時間がかかるので

最低でも2つは口座開設しておくことをおすすめします。

 

また、こちらの記事でおすすめ取引所の比較もしてますので良かったら見て比較してください。

-アルトコイン, 仮想通貨

Copyright© 仮想通貨のおすすめは?仮想通貨の今後を予想するブログ , 2020 All Rights Reserved.