アルトコイン 仮想通貨

リスク(LISK)とは?特徴、課題、将来性、オススメの取引所など

更新日:

そもそも仮想通貨がどんなものなのかわからない方は、まずこちらを読んでください。

またリスクは、イーサリアムと非常に似ているため、イーサリアムの仕組みを知らない方は、こちらを読んでから読んでいただけるとより深く理解できると思います。

LISKの基本情報

リスク(LISK)
通貨単位:LSK
発行上限枚数:上限なし
発行枚数(現時点):約1億2千万枚(2018.02)
具体的な実用性:契約、開発
取引所: ビットフライヤー

特徴

LISKとはイーサリアムと同じく分散型アプリケーションプラットフォームです。
そのLISKで作られたアプリを動かすための燃料がLSKなのです。
このLSKは価値を持つので、通貨としても使えるという仕組みです。

またイーサリアムと同じくスマートコントラクトを機能として持っています。

さらにイーサリアムと同じく、発行枚数に上限がないです。

しかし、3つ大きな違いがあります。

🌟承認システムが、DPoS

🌟プログラミング言語にjavascriptが使われている。

⇨👍開発者が手をだしやすい(世間に浸透しやすい)

🌟メインチェーンだけではなく、サイドチェーンも使われている

⇨👍問題になった時、メインチェーンをハードフォークする必要がなく、サイドチェーンのみを変更すれば良い。

⇨👎サイドチェーンにも承認者が必要なため、セキュリティーの維持が困難。

歴史

ICOで資金を集め、2016年5月に発行されました。

またLISKの初期発行枚数は1億枚です。

仕組み

✅分散型アプリケーションプラットフォームとは?

少し噛み砕いて言うと

分散型アプリケーション(dApps)の動作環境(土台)

です。

webアプリケーションがサーバーで管理されているアプリなら

分散型アプリケーションというのは、ブロックチェーン上で管理されているアプリということです。

つまり

ブロックチェーン技術を使ったアプリの動作環境ということです。

✅スマートコントラクト技術とは?

ビットコインがブロックチェーンに送信者、受信者、◯BTCだけをかける

のに対し

スマートコントラクト技術が使われているLISK,ETHでは

ブロックチェーンにさらに、契約内容まで記載できます。

さらにその契約に基づき、自動で支払いが行われる機能もあります。

つまり、

あらかじめ決めた契約が達成されれば、自動で支払いが完了し

達成されなければ、払い戻しされるという

今までなら、第三者がいなくては不可能だったことを実現しています。

✅サイドチェーンとは?

⇨■⇨■⇨■⇨■⇨■⇨■⇨■(メイン)

➡︎➡︎➡︎➡︎➡︎➡︎(サイド)

上記のようにメインのブロックチェーンから派生させた別のブロックチェーンです。

🌟このサイドチェーンに様々な機能を載せることができます。

⇨👍いろんな性能がつく

⇨👍問題が起きても、メインチェーンをいじらずに、サイドチェーンを修正すれば良い。
(メインチェーンだと問題が起きたら修正できないため、ハードフォークする必要がある)

⇨👎サイドチェーンにも承認システムが必要
(ただし承認システムはDPoSに限らず、PoWでもなんでもカスタマイズ可能)

⇨👍処理能力が早くなる

✅承認システム:DPoSとは?

リスク所持数の多い代表者101人が承認を行い、多数決で決まる。

これは、マイニングではなく、フォージングと呼ばれ

報酬は101人全員で、1ブロック5LISKである。
(一人当たり: 5 / 101 LISK)

しかし、2020年までに1LISKずつ減少し、2020年以降は、ずっと1ブロックごとに1LISKである。

この際の

1年のインフレ率は1.74%である。

課題

後発ながらイーサリアムと同じような実用性であるため、イーサリアムを越さねばならない。

なので、イーサリアムとの差が大きくある現状は無視できない。

あとは、サイドチェーンのセキュリティ問題もあります。

将来性

発行されてから、約1年半で時価総額20位につけているのは、驚異の伸びだ。

これは、将来性を買われているも同然である。

それほど、リスクの持っている将来性はあるように思える。

特に、

開発言語をjavascriptにしていて、多くの開発者の参入が期待出来る点

そして、サイドチェーンによって様々な機能を持たせることができ

かつ、サイドチェーンを使うことで処理能力を高くすることができるのは魅力である。

LISK購入のオススメ取引所

セキュリティ重視の方は、最近世界格付け(セキュリティ分野)で一位になったビットフライヤーをおすすめします。

どこも口座開設していない方は、

最近人気で、

口座開設してから実際に取引できるまで時間がかかるので

最低でも2つは口座開設しておくことをおすすめします。

また、こちらの記事でおすすめ取引所の比較もしてますので良かったら見て比較してください。

-アルトコイン, 仮想通貨

Copyright© 仮想通貨のおすすめは?仮想通貨の今後を予想するブログ , 2020 All Rights Reserved.