news リップル 仮想通貨

XRP(リップル)のcoinbase上場は見送り

更新日:

XRP(リップル)のcoinbase上場は見送り

昨日、xrpがcoinbaseに上場するのでは、という噂から
XRPの高騰が起こりましたが、
その噂をcoinbase社が公式サイトで否定しました。

このことで一時暴落し、噂の前の値段にまで落ち着きました。

さすがxrpという値動きをとっていますね。笑

しかし、明日の午前7時

リップル社のCEO
コインベース社のCCO

が、番組で共演します。

どんな内容を話すのか楽しみですね。

XRP(リップル)の取引所上場のまとめ

仮想通貨リップル(XRP)とは、2012年9月に登場したもので、ビットコインの成功以降に登場したアルトコインのひとつです。

ビットコインそのものは実証実験的な意味でスタートした技術であり、そのためさまざまな不具合や欠点が存在しています。

現在ではかなり改善されていますが、これらは根本的に改善することは難しく、すでに多くが流通してしまっているので物理的に不可能です。そのような背景からビットコインに代わるものとして登場したアルトコインのひとつがこのリップル(XRP)です。

この仮想通貨の目的としてはビットコインが目指す安価な送金手段であり、ビットコインとは異なって速度面での優位性があり決済する手段としても向いています。

またこの技術は個人が有する仮想通貨だけでなく金融機関などがお金のやりとりをするさいにも使われており注目されています。

そもそも仮想通貨は分散型というのが強みであり中央で管理されるサーバーが存在しないためトラブルが起こったさいにも一定のクライアントが稼働していれば取引が続けられるメリットがあります。

一方で分散型で問題となるのが管理者が不在となることですが、リップル(XRP)は明確な管理者が存在するため、安全性といった面では他にはない強みがあります。

リップル(XRP)は多くの取引所に上場していますが、現状では海外に限られます。

最近の動きでは2017年5月に韓国の大手取引所のCoinoneに上場しており、この影響で一気にその価値を高めたことでも知られます。

11月には中国の取引所Binanceに上場していますがこの時はそれほど大きく影響を受けていません。

その後、2018年2月にはカナダの大手仮想通貨取引所Coinsquareに上場していますが、その後のアルトコインの値上がりのさいにつられて価値を上昇させています。

残念ながら今の所日本の取引所には上場していませんから、ビットコインなどのメジャーな通貨を使って海外を通じて購入する必要があります。

ただ将来的には日本でも購入できる可能性があるアルトコインとして、もっとも可能性があると言われており、先行投資として海外を通じて購入しておくのも手段です。

これは現実通貨が多く流入するほど価値が上昇する可能性があり、潜在的な投資家が多い日本で手軽に購入できるようになれば、さらに現実通貨が流入することによって、その価値が上昇する可能性があると考えられます。

-news, リップル, 仮想通貨

Copyright© 仮想通貨のおすすめは?仮想通貨の今後を予想するブログ , 2020 All Rights Reserved.